簡単にバストアップをする方法って何があるんだろう。


バストアップは、毎日の努力が必要です。

もともと胸が大きい人、小さい人がいます。胸が小さいから女性として魅力がないわけではありません。しかし、胸が小さいことにコンプレックスを感じている女性には、バストアップをするためのケアをオススメします。バストアップには、体を動かしたりマッサージをしてケアする方法と、サプリメントや食べ物を摂取することで体の中からケアする方法があります。どちらも、始めてすぐに効果があるものではなく、毎日継続して続けることでゆっくりと効果が出てきます。

肩甲骨を動かしてバストアップしよう。

バストアップをする上で、ポイントになってくるのが肩甲骨です。丁度、バストの後ろにある骨ですが、体幹とは鎖骨でしか繋がっておらず、非常に歪み易い部分になっています。肩甲骨が歪んで、周囲の筋肉が硬くなってしまうと猫背になりやすく、バストの位置も下がってしまいます。また、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え性や肩こりを招きます。そうなると内臓機能も低下し、ホルモンバランスも崩れやすくなって、乳腺の発達が鈍くなります。乳腺の発達が妨げられると、バストアップは見込めません。肩甲骨を動かして、バストアップだけではなく、健康になりましょう。

バストアップに良い栄養素。

バストアップに良い栄養素は、イソフラボンです。このイソフラボンは、大豆を使った食材に多く含まれており、女性ホルモンによく似た働きをしてくれます。バストアップをしたい女性にとってイソフラボンはぜひ毎日摂取してほしい栄養素です。納豆、豆腐、みそ、きな粉など、大豆が原料になっている食材ならイソフラボンを含んでいるので、簡単に毎日の食生活の中に取り入れることができますよね。サプリメントなどで補う方法もありますが、イソフラボンの取りすぎはホルモンバランスを乱し乳がんの発生率を増やす原因になるので注意が必要です。

胸を大きくしたいのは、主に女性でしょうが、女性ホルモンが沢山分泌されれば胸は大きくなります。もしくは豊胸手術です。