気をつけよう!自分でワキのムダ毛処理の方法アレコレ


実はNGだった!?ワキ処理の適した場所

夏場、露出の多くなる季節だけでなく冬でもエチケットとしてワキの処理をしている人は少なくありません。しかし間違った処理をしてしまうと、肌トラブルや埋没毛などができてしまう原因にもなります。多くの人は、お風呂場でワキの処理をしていると思いますが、お風呂での処置はオススメできません。お風呂に入っていると、肌が柔らかくなっているのでカミソリを当ててしまうと、体を守る角質層までも毛と一緒に削り落としてしまうからです。

お風呂でも出来る安全なワキ処理方法は?

しかし、剃ったあとはシャワーで洗い流したりしたいものですよね。そこで、お風呂場でも出来る安全なワキの処理方法についてご紹介します。それは、肌がお湯で濡れていないときにする事です。しかし、乾いている肌にいきなりカミソリを当ててしまっても肌を傷つけますので、クリームなどをしっかりと塗って、カミソリの刃があたり過ぎない状態にしてから剃りましょう。また、電気シェーバーもオススメです。直接刃があたらない構造になっているのでお肌への負担が少ないです。

剃ったあとは必ず入念のスキンケアを!

ワキの処理が終わったら、必ずスキンケアを忘れないようにしましょう。剃ったばかりの肌は乾燥や刺激に大変敏感な状態になっています。そこで、ワセリンなどの保湿クリームをしっかりと塗るようにしましょう。そして氷や冷たいタオルなどで毛穴を引き締めるのもダメージ軽減に効果があります。なお、処理をしたワキは皮膚を再生している状態にもなっているので、2日ほどは石鹸やボディソープを使うことは控えます。シャワーなどで優しく洗い流すだけでも十分です。

医療脱毛のメリット、それはサロンよりも断然スピーディーであるということです。短期間で施術を終わらせることができます。